2021年06月23日

ザ・セール

イトーヨーカドー夏のザ・セール
はじまりました。
6/23(水)〜6/30(水)だそうです。
今回もテーマソング歌ってます。
イトーヨーカドーでお買い物しましょう♪
posted by furani at 12:54| NEWS

2021年06月08日

エレクトーン

昨年から
こちらのサイトで勉強させてもらってます。
すごすぎるサイト…。まだ全部読破できてません。
本当にありがとうございます。
自分用メモ。
posted by furani at 09:32| エレクトーン

2021年05月22日

ヒーリングピアノアルバム「Innocence」配信開始

ヒーリングピアノアルバム「Innocence」
配信開始!
furani作曲/ピアノ

YouTube

Spotify

Apple Music


時がゆっくりと流れるアルバムです。
心の疲れや傷を癒したい時、お休み前、穏やかな気持ちになりたい時などに!

E19fVf1VEAcuEv0.jpg

今回ご縁あって、初のヒーリングアルバムを作らせていただきました。
ジャケット絵は好きに描いていいといただいたので
ちゃっかりふらげを書きましたw
YoutTubeは音質が下がっていますが、無料でお聴きいただけます。
Spotify、Apple Musicでもお楽しみいただけます。
posted by furani at 22:35| NEWS

2021年04月26日

Digital Performer INTEGRA-7のパッチリスト

Digital Performer(ver10.13)上で
Rolandの音源 INTEGRA-7のパッチリストを表示したい。
(Mac OS 10.13.6)

Digital Performer上で、INTEGRAのパッチを選べなくて
midnamをいじればいいとわかってはいたんだけど、前も一度挫折していて、
しかたないから毎回音色の番号だけ控えて、手動で選んでいた。
スクリーンショット 2021-04-26 17.55.47.png
表示されないよ〜


今回やっとパッチを表示、選択できたので備忘録。
(できない子のメモですみません…)


1)midnamなどのファルを入手

本来はここに
https://digicake.com/の右下に小さく
midnamへのリンクがある。
いろんなシンセや音源のパッチリストが集まっている。
スクリーンショット 2021-04-26 17.49.45.png
この右下にめっちゃちっちゃくmidnamがある。
この中にあるシンセ、音源であれば、ここからパッチリストをダウンロードしてくるべし。

でもどうやら、リンクが機能していないらしい?ので
ここで見つけたzipファイルをダウンロード。

中身はこんな感じ
Rolandというフォルダに色々入ってる。
スクリーンショット 2021-04-26 17.39.29.png

2)ファイルをライブラリの中へ

HD直下の
/Library/Audio/MIDI Devices/MOTU/Roland/
を開く。
(Optionを押しながらじゃなくても普通に開ける方のライブラリだよ)

この中に、
先ほどのRolandフォルダの中身を
フォルダもファイルもまるごとコピー
(不足があると表示されなそう)

上記のforumによるとdp10では、roland.middevファイルも
一緒にコピーする必要があるらしい。
どの階層にすればいいのかわからなかったけど、そのままで大丈夫だった


3)Audio MIDI設定

INTEGRA-7が表示されるようになっているので
接続先にINTEGRA-7を選ぶ
(General MIDIチェックははずす)
ご丁寧にアイコンまで用意されてました。素敵
スクリーンショット 2021-04-26 17.33.50.png


4)DPの再起動

できた!
スクリーンショット 2021-04-26 17.58.10.png
にしても恐ろしいパッチの数だ。


お疲れ様でした。
posted by furani at 18:05| 日記

2021年04月20日

MIDIファイルを再生しながらエレクトーンを弾く(簡易バージョン)

最近ひさしぶりに、MIDIファイルをエレクトーンのXGサポートにうつす作業をしたので
備忘録として再度まとめました。
XGサポート演奏を流しながら、エレクトーンを弾くという単純な内容の時。


❶PCでMIDIファイルを作る

▼マーカーは
1小節目に
SFF1
SInt

の二つ。
※マーカーの文字は、大文字と小文字を間違えたりすると認識しないので注意。

▼MIDIチャンネルについて
XGサポートを鳴らすのみなら
MIDIチャンネルは1〜16まで全部使ってOK

▼エクスクルーシブ入力
次のシステムエクスクルーシブメッセージを頭に入力(どのチャンネルでもOK)
F0,43,10,4C,00,00,7E,00,F7 XG ON
F0,43,70,70,73,F7 EL ON


▼書き出し
作成したStandard MIDIファイルをフォーマット0で書き出す。
名前を日本語にしないように。あとでうまくいかないため。
USBメモリに保存


❷エレクトーン(D-DECK)にデータをうつす

【エレクトーン(D-DECK)のMDRで】
USBメモリ内にフォルダを作る
中身はこんなかんじ
b2df84e1.jpg

空白のところを選んで
赤マル押して録音(短くてOK)
2268e5c9.jpg

SONG_001が作られる
75b6dd63.jpg

【PC】
USBメモリをPCへ。見るとこんなふうになっている
75f70b57.png

TEST.midを
SONG_001フォルダに移動させ
ELS_SONG.NAMを書き換える。
(テキストエディタで普通に開けて、編集できる)
01aded59.png
↑MDR_000.MIDを
TEST.MIDに変える。
7f6194e4.png

【D-DECK】
さきほどの「テストフォルダ」内を見ると
SONG_001 になっている。
2daa4e9f.jpg

これで、TEST.midが、XGファイルから、
エレクトーン(D-DECK)で再生可能なソングに変わった。


❸レジストデータをソングファイルに保存

できあがったソングファイルでレジスト編集、保存を忘れずに。
レジストとXGサポートが一緒に読み込まれる。
レジストはあとから編集、上書きも可能。


おつかれさまでした。
posted by furani at 13:38| エレクトーン